logo NFI logo SMART Research BV
言語を選択してください: English Español Français Português 中文(简体) 日本語 Русский
logo
shadow
あなたの国には、大規模災害発生時に必要とされる、信頼性の高い災害犠牲者身元確認技術が備わっていますか?

大規模災害時には様々な問題に直面します。 飛行機事故や津波、テロ攻撃においては、公共の秩序並びに安全の確保、原因究明及び、加害該当者が存在する場合のその処罰など、公共指導者及び法的執行機関の対処法が重要視されます。

− 法的並びに人道的理由 − と言う観点から、災害時における人々の第一の関心事は、犠牲者の遺体及び遺留品の回収及び身元確認と言えるでしょう。 被害者の家族は、 それが自分の最愛の家族のものであるのかどうかということを究明したいのです。 彼らが政府に対し切望しているのは、身元確認作業に全力を尽くし、 一刻でも早く遺体及び遺留品を家族のもとへ返してもらうことなのです。そこでようやく、遺族は喪に服し、不幸な損失を受け止めるための準備を始められるのです。

災害犠牲者身元確認(DVI)は近代のDNA技術の進歩によって、まさに現実のものとなりました。 世界中の法医学研究施設において、最小のサンプルからDNAサンプルのプロファイルを抽出、記録することが可能です。 DNAは、それが一致することで犠牲者の身元確認が可能になる、という原理を生み出しました。

報告された行方不明者の身元確認作業は、当該するDNA材料が少ないほど複雑になります。 通常、このような場合のDNAサンプルとは、間接的な要因(家族)から採取されるものを意味します。 犠牲者自身のものではなく、近親者のDNAを犠牲者本人と結びつけるのは極めて困難です。なぜなら、彼らはすべてのDNAの全てを共有する訳ではないからです。 その上、大規模災害発生時には、DNAの一部を共有し合う家族が互いに災害に巻き込まれることも多く、作業の難度は更に高まるでしょう 。

災害犠牲者身元確認の強化:オランダの経験

このタスクを円滑化が、担当官や法執行機関の目を、それが向けられるべき箇所(:つまりは犠牲者とその家族)に向けさせます。 オランダの国家安全保障・司法省はこの問題に気がつき、そのためオランダ国立法科学研究所(NFI)に対して、コンピュータを使用した災害犠牲者身元確認システム開発のタスクを要求しました。 要求条件は当初より高いものでした。 それは、多数のサンプルを迅速かつ確実に照合すると言った、大規模な事故用に設計されなければなりませんでした。 使用されたサンプルの出所は、犠牲者の遺体の一部から、国内外のDNAデータベース上のデータまで、様々でした。 身元確認作業にかかる時間のみならず、間違った判定をするリスクをも最小限にしなければなりませんでした。

そのため、DNAサンプルの収集、処理、照合の全ての過程において、再設計をする必要がありました。 新設計において、2つの部分については特に必要不可欠でした。 第一の解決策は、日々大量のDNAサンプルを短時間で一括処理する能力でした。 そして第二に挙げられるのが、 数ヶ月の分析作業を数分でこなすユニークなソフトウェア・アプリケーション、Bonaparte の開発でした。 Bonaparte は、オランダ国立科学研究所(NFI)の指示のもと、同研究所とのコラボレーションにより、ナイメーヘン大学のSMART Research(SNN傘下)によって開発されました。 自動化されたシステムを使用することにより、人為的ミスを排除しました。 Bonaparte は、最先端の数学確率(ベイヤンメソッド)を使用することにより、DNAの直接的照合のみならず、家族提供のDNAによる間接的照合をも可能としたのです。 Bonaparte に実装されているモデルは、ユーザーにとって利用し易く資料も豊富です。 Bonaparteは、統計グラフィックスモデル、ベイヤン・ネットワークを使用しています。 Bonaparteシステムは検証済みです。

ケーススタディ »
8U771 Crash

アフィリキヤ航空 8U771便の飛行機墜落事故。2010年5月12日、リビヤ、トリポリ。 Bonaparte DVI は、この事故による犠牲者全員の身元確認作業に使用された。

Japan Earthquake factories

2011年の地震と津波により被害を受けた仙台の工場群。日本。 © AP

Bosnian Mass graves

戦争の残虐行為による犠牲者の墓。1995年7月、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スレプレニツァ。 Photo by Adam Jones adamjones.freeservers.com

5月 11 2015, 14:46:15 / 0449786c289ee49080227b202dafefd7619c2651
EnglishEnglish EspañolEspañol FrançaisFrançais PortuguêsPortuguês 中文(简体)中文(简体) 日本語日本語 РусскийРусский
SMART Research BV • Heyendaalseweg 135 • 6525 AJ Nijmegen • The Netherlands EU flag Cookies