logo NFI logo SMART Research BV
言語を選択してください: English Español Français Português 中文(简体) 日本語 Русский
logo
shadow
ケーススタディ:2010年トリポリ飛行機墜落事故
8U771 Airbus
事故を起こしたアフリキーヤ・エアウェイズ A330機
Image © Konstantin von Wedelstaedt collection

2010年5月12日、アフリキーヤ・エアウェイズ 8U771便はリビアのトリポリ国際空港で着陸直前に墜落。 このA330機の事故は103名の命を犠牲にしました。 生存者は乗客一名のみでした。 犠牲者の大半(全70名)はオランダ国籍でした。 その中には何名かの血縁関係者も含まれていました。 墜落事故より5日後、オランダ国立法科学研究所(NFI)は、リビア当局とオランダ外務省の両方より正式に、災害犠牲者身元確認(DVI)プロセスの支援要請を受けました。 Bonaparte DVIはそのスクリーニングおよび照合のプロセスで活躍しました。

NFI(オランダ国立法科学研究所)が受託された内容:

NFIは合計84名の行方不明者(の親族)からのサンプルを受託されました。 33名の非オランダ国籍の行方不明者に関係する19サンプルの受託はありませんでした。

トリポリのケースについての身元確認作業には約26日を要しました。 この26日という日数は、最初のサンプルが到着してから最終の鑑定結果まで(つまりは照合の手順全体)に要した時間を意味します。

比較

Bonaparteによる身元確認作業の高速化を明確にするために、次の2つのケースを比較してみます。 第一のケースは、19名の犠牲者を出した、2008年のスリナム飛行機墜落事故です。 10名の犠牲者がDNAを介して、また他の9名は歯形や指紋などの別のサンプルを介して身元確認されました。 第二のケースは上述のトリポリ飛行機事故です。 照合する組み合わせの数は、身元確認を行わなければならない遺体(または身体部分)の数の二乗にもなります。


Surinam crash
2008年4月3日のブルーウィング航空墜落事故現場 ラワ・アンティノ空港、ベンズドープ、スリナム
Tripoli img
2010年5月3日のアフィリキヤ航空墜落事故現場 トリポリ空港

犠牲者10名という、比較的小規模な事故でさえ、手作業で解決するためには約2日を要します。 トリポリでのケースの様な、100名ほどの犠牲者を出した飛行機事故の場合、手作業で解決をすることはすでに不可能と言えるでしょう。 犠牲者全員の身元確認のために鑑定しなければならない組み合わせの量は計り知れません 。 Bonaparte DVIのような自動識別システムは、この様なケースにおいてこそ必要とされるのです。 身元確認作業の所要時間の短縮のみでなく、作業中のエラーのリスク削減にも繋がります 。

8月 29 2014, 09:24:11 / 04bb7738eb1ca7326d16287dafab4125de98fc6c
EnglishEnglish EspañolEspañol FrançaisFrançais PortuguêsPortuguês 中文(简体)中文(简体) 日本語日本語 РусскийРусский
SMART Research BV • Heyendaalseweg 135 • 6525 AJ Nijmegen • The Netherlands EU flag Cookies