logo NFI logo SMART Research BV
言語を選択してください: English Español Français Português 中文(简体) 日本語 Русский
logo
shadow
MEDIA RELEASE 28/APRIL/2016
CrimTrac Agency and SNN sign contract for provision of Bonaparte

NIJMEGEN, The Netherlands —The Australian Commonwealth represented by the CrimTrac Agency and SNN have signed a contract for the provision of SNN's Bonaparte DNA matching software and associated support services as part of a National DNA Investigative Capability (NDIC). The contract is the corollary of SNN's successful bid on tender C14/147 issued by the CrimTrac Agency last year.

Bonaparte's state-of-the-art indirect matching algorithms will provide Australia's police and related agencies with new capability that can be used for matching DNA profiles across Australia's state and territory borders for law enforcement purposes, Disaster Victim Identification (DVI) and Missing Person programs.

Bonaparte was commissioned in 2007 by the Netherlands Forensic Institute (NFI) as part of their CBRNe incident readiness program, and has since then been further developed and improved by SNN and its subsidiary SMART Research BV in close collaboration with the NFI.

Bonaparte played an important role in the identification of the victims of the 2010 air disaster in Tripoli, and more recently, in the identification of the victims of Malaysia Airlines flight MH17 in the Ukraine in 2014.

CrimTrac is the national information-sharing service provider for Australia's police, law enforcement and national security agencies. CrimTrac enables police agencies to share policing information with one another across Australia's state and territory borders.

SNN is the Dutch Foundation for Neural Networks at the Radboud University of Nijmegen headed by Prof. Kappen. SNN performs research on efficient methods for probabilistic Bayesian inference, control theory, neural networks, computational neuroscience and data analysis.

MEDIA RELEASE 10/FEB/2016
ベトナム戦争犠牲者の身元確認プロジェクトにボナパルトDNA照合ソフトを使用

ナイメーヘン(オランダ)、2016年2月10日/PRニュースワイヤー/ --スマートリサーチ社(SMART Research BV)はベトナム政府と、ボナパルトDNA照合ソフトウェア・システムおよび関連支援サービス提供の契約を締結しました。この調達は、ベトナム戦争の身元不明犠牲者65万人のうち、最低8万人の身元確認を目標とする10年計画の一環です。

ベトナムの首相、グエン・タン・ズンが主導する「プロジェクト150」は、過去最大のDNA身元確認プロジェクトとなります。3つの研究所が、技術サプライヤーのキアゲンとエッペンドルフの法医学技術でアップグレード、同時にコンサルタント業務とトレーニングはバイオグローブとボスニアの行方不明者国際委員会(ICMP:The International Commission on Missing Persons)が提供します。契約締結により、スマートリサーチは同プロジェクトチームに加わります。

ボナパルトの最新鋭間接照合アルゴリズムは、この大規模プロジェクトに必要なキンシップ・サーチおよびファミリアル・サーチの有力な可能性をベトナム政府研究所に提供します。ボナパルト方式では、任意の家系図を使って、家族のリファレンスDNAを基に未確認の遺骨の身元確認ができます。

ボナパルト方式は、実際の身元確認作業で何度も使用されており、2010年トリポリの航空機事故の犠牲者の身元確認や、2014年ウクライナにおけるマレーシア航空MH17便の犠牲者の身元確認などでも重要な役割を果たしました。

ボナパルトは2007年にオランダ法医学研究所(NFI:Netherlands Forensic Institute)の委託を受け、以来SNNおよび子会社のスマートリサーチが、NFIとの緊密な協力により更なる開発と改良を行ってきました。

スマートリサーチ社は、オランダ、ナイメーヘンにあるラドバウド大学のSNN(オランダ・ニューラル・ネットワーク基金:Dutch Foundation for Neural Networks)の商業スピンオフ企業です。スマートリサーチは、ボナパルトの研究、開発、保守を行っています。スマートリサーチは、高度な機械学習と人工知能技術を実世界での問題解決に応用することを専門としています。これらの技術はボナパルト方式の根本でもあります。

MEDIA RELEASE 20/MAY/2015

Agreement with SMART Research to enhance INTERPOL forensic support to law enforcement
NIJMEGEN, The Netherlands — INTERPOL and SMART Research have signed a contract for the provision of the "Bonaparte" software and related services to the world police body.The software will enable INTERPOL to expand its ability to assist member countries in identifying missing persons, victims of disasters and other complex identifications using this techn … read more (INTERPOL website)




あなたの国には、大規模災害発生時に求められる、信頼性の高い災害犠牲者身元確認技術が備わっていますか?

大規模災害時には様々な問題に直面します。飛行機事故や津波、テロ攻撃においては、公共の秩序及び安全の確保と、また原因究明及び加害該当者に対する処罰など、公共指導責任者及び法的執行機関の対処方が重要視されます。 … 続きを読む

ファミリアルサーチ:13年に及んだ未解決事件を解決

1999年4月30日(クイーンズデイ)から5月1日にかけての夜、当時16歳のマリアンヌ・ヴァートストラは、コルムから自転車での帰宅途中に強姦され殺害されました。 事件は、オランダ北東部ズワーグウェステインデの小さな農村地帯で起こりました。 犯行現場では、加害者の持ち物であると思われるライターのDNA跡が発見されました。 … 続きを読む

EnglishEnglish EspañolEspañol FrançaisFrançais PortuguêsPortuguês 中文(简体)中文(简体) 日本語日本語 РусскийРусский
SMART Research BV • Heyendaalseweg 135 • 6525 AJ Nijmegen • The Netherlands EU flag