logo NFI logo SMART Research BV
言語を選択してください: English Español Français Português 中文(简体) 日本語 Русский
logo
shadow
Bonaparte DVI バリデーション(検証)

法医学ソフトウェアを用いた鑑定は通常 、それが人道的理由による鑑定でも、または犯罪に関与する鑑定においても 、遠大な推論を伴うものです。 だからこそ、結果の信頼性が重要となります。 それを確実なものにするために、我々は開発中及び開発後において、いくつかのメカニズムを採用しました。

開発にあたっては、Bonaparte のコンピューティング・エンジンによる計算結果に対して、常に他の数学ソフトウェアプログラム Matlab や Mathematica によって計算された結果とのクロスチェック(相互確認)を行いました。 そうすることにより、計算結果が理論と一致していることを確認したました。

Bonaparte を構成するうちの小部分;例えばサブルーチンなどに関しては、開発時にいわゆるユニットテストを使用して検証されました。 ソースコード変更の際には、その都度、コード変更後にもそれが意図通りに実行されていることを確認するためのテストが行われました。

コースのクロスチェックやユニットテストでは、システム全体ではなく、システムの部分的なパーツのみがテストされます。 Bonapart の機能を仕様書によって確認可能にするために、バリデーションテストのセットが開発されました。 この目的は、システムの全ての側面(ペディグリーの扱い、失敗したアレルの対処、人口統計の対処やインブリーディングなど)において、仕様書との比較によってその相違が検出されるような方法を作り出すことでした。 このシステムの検証のために使用されたシナリオは、『Forensic Science International: Genetics』にて文書化され公開されています。

Slooten, K.,
Validation of DNA-based identification software by computation of pedigree likelihood ratios,
Forensic Science International: Genetics, 5(4):308-315
8月 29 2014, 09:24:11 / a8755335a7813966ff9820b88b1655f3f8ed5032
EnglishEnglish EspañolEspañol FrançaisFrançais PortuguêsPortuguês 中文(简体)中文(简体) 日本語日本語 РусскийРусский
SMART Research BV • Heyendaalseweg 135 • 6525 AJ Nijmegen • The Netherlands EU flag Cookies